第1回バイオエナジー利用研究会が活動開始(2002.3.26)

2001-04s菜の花に象徴される「バイオマス」のエネルギー利用を幅広く勉強しようと、環境再生保全機構「地球環境基金」の助成を受け、バイオエナジー利用研究会を発足させました。

第1回の研究会は、滋賀県農業総合研究センターを会場に、ドイツのバイオマス利用促進団体CARMENのスタッフであるロバート・ワーグナーさんを招き、ドイツにおけるBDF利用についての現状と成果を勉強しました。

バイオエナジー利用研究会は、これを皮切りに5回開催しています。各研究会の活動内容は、2002年度の活動年次報告をご覧下さい。