第16回全国菜の花サミットinやまと「サミット宣言文」

第16回全国菜の花サミット in やまと
~循環型社会へ向けて菜の花でつなぐ日本の『道』~
サミット宣言

約46億年前に地球が誕生し、38億年前に最初の生命が、500万年前には人類が出現したといわれています。「奇跡のほし」と呼ばれる地球。今日まで人類の生存を受け入れてきた地球がいま人口・工業化・環境・気象・資源・エネルギー・食糧など多くの面から「成長限界」を迎えています。

このような中で、今回の「全国菜の花サミットinやまと」では、これからの社会のあり方を展望し、私たちが歩むべき日本の『道』について意見交換が行われました。

奈良(大和の国)には、縄文弥生から古墳時代を経て奈良時代に至るまでは、優れた文化・技術・宗教・学術を渡来人と共に受け入れ、千年余の年月をかけて日本の土壌風土に最も適した形で醸成しつつ、「調和」と「共生」を重んじる国づくりの中心を担ってきた歴史があります。

その歴史に現代的な課題を解決するために必要なものを探ること、そして「やまとの覚醒」を図ることがこのサミットを日本人の心のふるさとともいえる奈良・やまとの地で開催した由縁です。

この全国菜の花サミットは、日本人が今まで育み守ってきた自然に対する考え方を取り戻し、現在の行き詰まった社会から脱却し、新しいライフスタイルへの転換や社会システムを再構築する『道』をともに考えるサミットでした。

私たちは、「観光」の本義である「その国・その土地の光を観ること」に立ち返ることから今回の全国菜の花サミットを企画してきました。

全国各地それぞれが「存在感と特色のある光」を競い合い、互いに「持続可能な地域のあり方」を学びあいながら、ここ「国のまほろば」と呼ばれる「やまと」から、外見的にも内面的にも美しい国づくりのモデルを発信していけるよう、以下の宣言をします。

1.子ども達とともに持続可能な社会づくりを目指します。「菜の花」をシンボルとして「持続可能な開発のための教育(ESD)」を推し進めていきます。未来を担う子ども達が菜の花栽培を通して、自然界の循環の仕組みを学び、菜種油を社寺に奉納することで、地域に残る自然や文化への関心を高め、世界に誇れる遺産にしていきます。

2.「菜の花」が持つ「持続可能な社会づくり」の力を再認識し、食・農・健康・観光・教育・福祉などをつなぐことを基調とした具体的で分かりやすい運動をさらに積極的に展開します。それぞれの地域の中の多様な分野の取り組みとの連携強化を図り、その活動を深めます。

3.このサミットで交わされたことを踏まえ、次の世代に引き継ぐための「日本の道」を探りながら、持続可能な社会構築のために、いまの時代を生きる個人と地域の自立を高めます。

平成28年(2016年)4月9日
第16回全国菜の花サミットinやまと 参加者一同