61.菜の花プロジェクト奈良

最終更新日 2010-2-26

住所 〒635-0103 奈良県高市郡高取町清水谷1020
TEL 0744-52-3661
FAX 0744-52-3661
URL http://www.ne.jp/asahi/nature/nara/
E-mail
担当者 谷 口 暁(NPO法人奈良ネイチャーネット)
機関紙 菜の花だより(月刊誌)
会員数 取り組み地区 奈良県内30箇所

活動の概要

【目  的】

  • 地域における資源とエネルギーの循環社会の構築
  • 環境教育の推進
  • 遊休農地の活用で景観及び環境の保全
  • 廃食油の回収とBDFの利用
  • 菜の花環境教育の推進

活動の歴史

  • 2003年8月 菜の花プロジェクトなら発足 10月に県内3箇所、0.5ヘクタールで開始
  • 2005年4月 第1回菜の花まつり開催。以後開催地区が増加し2008年は県内4か所
  •   9月 第1回菜の花シンポジウム奈良開催。以後毎年9月に実施
  • 2007年11月 奈良県の官・学・民で構成の「菜の花・バイオマスプロジェクト会議」発足
  • 2008年4月 奈良県全域で廃食油回収開始
    •   廃食油回収ステーション数 2009年12月現在114か所。年間 回収量18,000?
  • 2008年5月 BDFによる車両などの運行開始
  • 2009年から 自治体との連携でバイオディーゼル車運行開始

WS500072

現在の活動状況

菜の花プロジェクト奈良のネットワークが広がる

  • 2003年に3か所0.5ヘクタールから開始した菜の花栽培は30か所10ヘクタールに拡大

廃食油の回収とBDFの利用が広がる

  • 2004年4月から新聞販売店、8月からJAならけんが廃食油の回収に協力を開始
  • 回収拠点は2009年12月現在114か所に広がる
  • BDFの利用は現在10団体に拡大

菜の花環境教育の実施

  • 2008年から 「菜の花環境教育」の実施校が広がる
  • 2009年3月  「菜の花環境教育ハンドブック」発行

WS500073

活動の課題と今後の方向

バイオマス資源の活用による資源循環型社会に向けた活動を官・民の協働で進める
菜の花栽培の増加と搾油設備の導入によるナタネ油の商品化